レビトラのチカラ

レビトラのチカラの画像

レビトラは食事の影響を受けにくいという利点があります。そこが有名なバイアグラとの最大の違いと言えるでしょう。このサイトではレビトラのチカラをたくさん紹介していきたいと考えています。

         

レビトラと食事

ED治療薬というと食事との関係について知っておく事は大切であり、初めて登場したED治療薬の場合はかなり食事による影響を受けやすいので、その事をきちんと知らずに服用すると期待していたのにほとんど意味が無かったという事にもなりかねなかったのです。
どうして食事が薬の効果に大きく影響するのかというと、ED治療薬は服用して胃や腸を通って体に吸収されなければならないのですが、その際に食事をしていると食事の中に含まれている油が胃や腸の周りに膜を形成してしまうのです。
その膜が薬の吸収を妨げてしまうので、食事をしてしまうとほとんど効果が表れない場合もあるのです。
レビトラの場合はそうした問題点が改善されている事も特徴の一つであって、標準的な食事量程度であれば食事による影響はほとんど無いというデータもあるのです。
性行為を行う前には食事をする事も珍しくは無く、レビトラが登場する前は食事に注意して服用しなければならないという不便な面がありましたので、食事位の影響がほとんど無いという事は利用者にとってはかなりありがたい事です。
ただ、食事の影響がほとんど無いというのは全く影響が無いという訳では無いので気をつけなくてはならないです。
標準的な食事というのが厄介な物であり、少し食事量が多い人であれば食事による影響を受けてしまう可能性は十分にあるのです。
そのために出来れば空腹の状態の時に服用するのがベストであるというのはレビトラの場合でも変わっておらず、脂分が多い肉を好む人は注意した方が良いです。
また、食後に服用するのであれば出来るだけ時間をおいて食べ物が消化されるのを待ち、それから服用するようにした方が良いです。
幸いにもレビトラは即効性もあって性行為を行う少し前に飲めば効果が表れるので、食事してから2時間程度、それが無理でも可能な限りは時間を空けるようにする方が安心です。

レビトラの即効性

ED治療薬が初めて登場した際にはテレビなどの報道でも大きな話題となりましたが、それから年月が経過して新たなED治療薬のレビトラが登場しました。
レビトラのメリットは服用してから効果が出るまでの時間が少ない事であり、即効性を求めているのであれば最も適している治療薬です。
他の治療薬だと薬の効果が出るまでには30分程度はかかるのでそれに合わせて服用するタイミングを考える必要がありますが、レビトラの場合は大体その半分の15分程度で済むので服用してから性行為を行うまでの時間があまり無いという場合でも、他と比べて対処しやすくなっています。
それではどうしてレビトラは即効性があるのかというと、その秘密は含まれている成分であるバルデナフィルの性質が大きく影響しています。
バルデナフィルの性質としては他のED治療薬の成分と比べて水に溶けやすいという違いがあり、この水に溶けやすいという性質が服用した際の身体への吸収を高めてくれるのです。
薬の効果が出るためには身体へ吸収される事が大切であり、服用しただけですぐに効果が表れる訳では無いのです。
だからこそ吸収されやすいという事は効果が出るまでの時間も短くて済むのであり、即効性を求めている人には最適という訳です。
ただ、服用する際には性行為の15分程度前に服用する事だけを気にすれば良いという訳では無いので注意して下さい。
レビトラは食事の影響を受けにくい事でも知られているのですが、それでも全く影響を受けないという訳では無く、出来る限りは空腹の状態で服用するようにするのが良いのです。
服用前に食事をするなら二時間程度は間を空け、脂質が多い食事は出来る限り避けて食べ過ぎないように気をつけるべきです。

レビトラの効果と副作用

レビトラはEDの症状を改善する効果がある治療薬です。
その効果がどのようなものであるのかを理解したいのであれば、勃起をする仕組みについて知っておくのが大切です。
勃起がどうして起こるのかというと、直接ペニスに物理的な刺激を与えたり、視覚や聴覚から入る性的な刺激を引き起こす情報が入る事によって起きます。
その際には大脳から脊髄を通って勃起中枢に伝わって、そこからさらにペニスの海綿体の神経に伝わります。
そうする事で一酸化窒素が放出されるのですが、その一酸化窒素が血管や筋肉に作用してcGMPという物質が生成されます。
cGMPが増えると海綿体の筋肉が緩んで血管が拡張され、そこに血液が流れる事で海綿体内に血液が流入すると勃起状態となります。
海綿体への血液の流入には限界があり、血液が流入するとやがては静脈が圧迫されて流入が止まります。
このように勃起するのには複雑なやり取りが行われているのです。
その勃起状態はずっと続いているのではなく、体内の酵素PDE5によってcGMPが分解されるので、しばらく何の刺激も与えていなければ自然とおさまっていきます。
レビトラがED治療に役立つのはこのPDE5の作用を阻害するからであり、PDE5の作用を妨げてcGMPを分解されにくくして勃起を維持するのを助けているのです。
ただ、その作用は勃起にだけ影響するのではなくて血管が拡張される事によって顔が紅潮したり頭痛やめまいなどの副作用の症状を引き起こします。
また、血圧に問題があると血管が拡張される事に伴う悪影響が出る事もあるので気をつけなくてはならないです。
そのような事があるために日本ではレビトラを処方して貰うなら通常は病院へいく必要があるのです。

▼やはりED治療薬といえばレビトラよりもバイアグラ!という方はコチラのクリニックまで!
バイアグラの効果と副作用
▼レビトラをはじめ、ED治療薬を使うのは恥ずかしい?結構みなさん服用しています!
レビトラに頼ってみませんか?
▼愛知県のED治療ができる病院を探している人はこちらからご覧ください
ED 愛知